ネットショップの集客


ネットショップの集客

集客の必要性

説明するまでも無いかもしれませんが、ネットショップの運営において、集客は最も重要な業務です。どれだけ魅力的な商品を取り扱っていても、どれだけ使い勝手の考えられたサイトになっていても、お客様が来なければ何の意味もありません。

通販の第一歩はお客様がいるからこそ始まるのです。

また集客という意味でも、ただ多くのユーザーに来店いただければよいわけでもありません。ネットショップにおいて最終的なゴールは商品の購入であり、そのためには質の高いユーザー(商品やサービスに興味を抱いている見込み客)を集めなければなりません。

弊社では質の高いユーザーを集客するためには、以下に挙げる2つの施策が効果的だと考えております。

  • 広告運用(リスティング広告やバナー広告など)
  • メディア運用(SNS運用や自社メディア運用など)

広告運用はプッシュ型の集客手法であり、メディア運用はプル型(引き込み型)の集客手法であると分類できます。それぞれの効果の違いについては、下記のそれぞれの項目にて説明しております。

 

広告運用について

こんな人に効果的

広告運用による集客は、以下のケースに当てはまるような事業者様に効果的。

人物

すぐにでもユーザーを集めたい

人物

広告予算が豊富にあり、売上げに転換したい

人物

広告を利用して新規顧客を集め、リピーターに変えていきたい

 

いかがでしょう。特にネットショップを立ち上げ直後、自然検索からのユーザーの流入がない場合や、売上や新規顧客獲得のプラスアルファの施策として利用するのがおすすめです。広告はショップの成長スピードを加速させます。

 

こんな方にはおすすめできません

広告予算を捻出するほど資金面で余裕がなかったり、長い目でゆっくり運営していけばよいとお考えの方には、おすすめしていません。そうした方は、後述するメディア運用にてお客様を集める手法が向いています。

 

リスティング広告運用

ネットショップにとって王道の集客手法である、リスティング広告の運用代行を行います。リスティング広告は入札形式の広告のため、キーワードによって広告出稿料が変動します。
※人気キーワードほど高くなる

そのためやみくもにビッグキーワードを狙っていては、広告費用ばかりがかさんでしまいます。そこで弊社では需要がありながらも、広告出稿主の少なく、費用を安く抑えることのできる”おたからキーワード”を調査しながら、コストパフォーマンスの高い広告を打つことを第一としています。

Yahoo!プロモーション広告と、Googleアドワーズ広告の双方に対応できます。ただし御社のECサイトの流入を調査し、著しくGoogleが高いようであれば、効果的な広告運用を考慮して、Googleアドワーズのみの運用をご提案させていただくこともあります。

 

料金表

導入費用 広告費 運用手数料(月額費用)
70,000円 20万円未満 40,000円
20万円以上 広告費の20%

 

その他広告運用

リスティング広告以外で集客に効果的な広告運用には、以下に挙げる広告があります。

  • バナー広告
  • ネイティブアド(記事広告)
  • SNS広告

しかし一口に広告と言っても、ショップの認知や集客力アップなどその目的は異なり、目的に応じて最適な広告運用を行っていく必要があります。またバナー広告やネイティブアドなどは、御社の見込み客となるユーザーが集まっている媒体に広告を出稿しないと意味がありません。

弊社ではお客様のご要望をお伺いした上で、最適な広告媒体を選定し、広告運用プランを提示し代行させていただきます。

 

料金表

プランニング 50,000円
(お客様のご要望をヒアリングの上、最適な広告運用プランをご提示します)
運用手数料(月額費用) 30,000円~
(広告運用の成果を月次でレポートするとともに、改善点をご提案します)

 

メディア運用について

こんな人に効果的

メディア運用による集客は、以下のケースに当てはまるような事業者様に効果的。

人物

ユーザーを集めたいけど広告費をかけたくない

人物

時間をかけて自分のペースで集客していきたい

人物

商品の良さをもっと多くの人に伝えたい

 

いかがでしょう。インスタント型の広告運用ではなく、じっくり時間をかけながら、恒久的に集客効果を見込めるメディア運用をお考えなら、SNS運用や自社メディア運用をおすすめしています。

 

こんな方にはおすすめできません

メディア運用は継続していくことが重要です。三日坊主で飽きやすい人にはおすすめしていません。ECサイトは鮮度が大事です。更新の途絶えたSNSは売上げに悪影響を及ぼす可能性もあります。

継続力のない方はSEO対策に力を入れるか、広告運用をしていくことを、おすすめしています。

 

SNS運用

近年のECサイトでは、FacebookをはじめとしたSNS運用が必須の対応となっています。

SNSツールの優れている部分は、お客様との心の距離が近くなることや、情報拡散力の高さであり、メルマガのような商品訴求だけを意識したツールとは役割が異なります。

SNS運用の目的は商品紹介ではなく、ショップの認知とファンづくり。新規顧客の獲得はもとより、ずーっと御社のネットショップを利用してくれるような固定客を作り上げる効果を期待できます。

各種SNSツールについては「ECサイトの販促には無料で使える6つのSNSをフル活用しよう」を参考にしてください。

 

料金表

プランニング 50,000円
(お客様のご要望をヒアリングの上、最適なSNSツール・運用プランをご提示します)
運用手数料(月額費用) 30,000円~

 

自社メディア運用

2014年頃からECサイトのメディア化対応に注目が集まり始めています。
EC業界でも今後はコンテンツマーケティングが加速する時代に突入」でも説明しているように、EC事業に参入する企業が増加している昨今、メディア運用を行い、価格面ではなくお客様の心理的な側面で競合他社よりも優位性を保つ必要があります。

またメディア運用は成果が出るまでにある程度の時間を要するため、始める時期が早ければ早いほど、より多くのユーザーを獲得することができます。

弊社ではメディアサイトの構築から運用代行(記事制作)までをワンストップで行っておりますので、メディア型集客をご希望であれば是非ご連絡ください。ECサイトのメディア運用については「ECサイト(ネットショップ)がメディア化を進める6つの理由」の記事も参考にどうぞ。

 

料金表

メディアサイト立ち上げ 98,000円~
(詳細は「ECサイト集客用メディア制作」をご覧ください。)
運用手数料(月額費用) 100,000円~
(記事制作本数8本~)
(詳細は「コンテンツSEO」をご覧ください。)

※メディアサイトの立ち上げ、運用代行はセットではありませんので、立ち上げだけのご依頼も承っております。

 

サービス提供の流れ

ネットショップへの集客は、ご相談をいただいた後、お客様のご要望・状況を把握した上で、どのようなプランで集客していくのかを決めていきます。最初の集客方法のご提案については、キーワードやSNSツールの選定といった専門的なことではなく、広告型かメディア型のどちらが適しているかのご提案となります。

全体の流れとしては下図をご覧ください。

nagare

施策を施して終わりではなく、改善を繰り返しながら、質の高い集客を行っていきます。

 

よくある質問

Q.SNSツールについて、知識があまりないのですが、依頼しても大丈夫でしょうか?

A.大丈夫です。SNSツールには画像に特化したものや短文に特化したものなど、それぞれに特徴があり、ショップがターゲットとしているユーザーを見極めた上で、どのSNSツールを選択するのかを決めなければなりません。弊社ではSNSツールの選定から効果的な運用方法までを”プランニング”という形でご提案しておりますので、心配の必要はありません。

ただしプランニング後の運用を、弊社にお任せではなく御社で運用していく場合には、それなりの知識が必要になります。ユーザーの反応を見ながら、効果的な運用を変えていかなければならないこともあるので、お客様も新しい知識を習得する努力が必要になります。

 

Q.リスティング広告は昔より効果が薄くなったと言われていますが、本当でしょうか?

A.本当です。インターネットユーザーのリテラシーが高くなったことや、広告利用者の増加により、かつてよりもリスティング広告は費用が高くなり、クリック率も悪くなっています。ですが「すぐにでもユーザーを獲得したい」という即効性を求めているならば、広告を利用する以外に手がないのが実情です。

弊社ではできるだけ費用対効果の高い運用ができるように、入札キーワードの選定には特に力を入れています。

 

Q.依頼すれば絶対に集客力が上がりますか

A.誠に申し訳ございませんが「絶対」ということはお約束できません。集客という意味では、競合他社の状況に左右されることもありますので、想定よりも効果が薄かった…ということもあるかもしれません。特にメディア型集客は、効果が出るまでにある程度時間がかかります。

成果を保証するタイプのサービスではございませんが、限られた予算内で最大限のパフォーマンスを発揮する仕組みづくりをさせていただきます。

 

Q.メディア運用は自分たちでも行えますか?

A.もちろんメディアサイトの立ち上げだけを弊社で行い、その後の運用は御社スタッフでご対応いただくことも可能です。メディア運用はSEOや集客的な意味だけでなく、スタッフの学びをつくる環境としても効果があります。

取扱いの商品について、スタッフがメディア上で情報発信することで、商品についての理解が深まり、商品ページの説明文章にも活かせます。そうした意味でも社内で記事を作っていくことは良いことだと思います。(弊社とお客様で、分散しながら記事制作に取り組むことも可能です。)

 

まずはお問い合わせください

ネットショップの永遠の課題でもある集客。ネットショップの売上げを上げていくには、いかに質の高いお客様を呼び込み、購入に結び付けられるかが課題となってきます。

現状の集客力を向上させるにはどうすればよいのか、最も効果が出やすい広告はどのようなものなのかなど、集客について疑問を抱えていませんでしょうか。そんな疑問やお悩みも、まずはご相談ください。「適切な施策を行えば”売れないショップ”は生まれない」が弊社のモットーです。御社の立場になって、最適なご提案をさせていただきます。

問い合わせ