特定キーワードの検索順位を調査

SEOチェックに!特定キーワードでの検索順位を調べる方法


検索エンジンがユーザーの流入経路となるウェブサービスでは、検索順位の何番目に表示されるかは非常に重要だ。検索順位が下がってしまえば、それはもう死活問題であり、最悪の場合は企業の倒産という自体にもなりかねない。

ネットショップにおいても、購入意欲の高いユーザーは検索流入からやってくる。そのため特定キーワードで検索上位に表示されるように、商品ページの作りこみをしたり、小手先のテクニックではあるがタグの最適化などで、SEO対策を施しているだろう。

特に重要なキーワードでの検索順位については、日々検索順位をチェックしている人もいるのではないだろうか。毎度複数のキーワードで検索をかけて一件ずつ確認していては手間もかかってしまうので、今回は特定キーワードでの検索順位を簡単に調べる方法について、ご紹介していく。

 

検索順位調査のサイトを利用

自社サイトの検索順位を調査するのに、とっても便利なウェブサイトがある。それが下記のサイト。
※クリックすると別タブが開きます。

検索順位|超高機能次世代無料SEOtools

株式会社グローバルサーチという会社が運営しているようだが、誰でも無料で使えるようになっているところが嬉しい。こうした無料サービスを提供している企業や個人の方には本当に感謝だ。

 

使い方

image1

まずはURLの欄に検索順位を調査したいウェブサイトのURLを貼り付ける。

 

image2

次に検索順位をチェックしたいキーワードを入力していく。一度に10キーワードまでのチェックが可能。毎日チェックするなら、メモ帳などに保存しておいて、コピペで対応すると作業負担が減る。

キーワードを入力後は、その下の検索オプションにて必要なものにチェックを入れ、「CHECK!」のボタンを押すだけで、検索順位の調査が始まる。

 

image3

検索結果は同画面内に表示される。

 

検索順位チェックツールGRCを利用

続いては、ウェブサイトを利用しての検索ではなく、自前のPCに検索順位チェックツールをインストールするタイプの方法を紹介する。検索順位チェックツールGRCというソフトを利用するのだが、ソフトのダウンロードは、下記の公式サイトから可能だ。

検索順位チェックツールGRCのダウンロードページ

有限会社シェルウェアという企業が開発したツールで、2004年から公開されている老舗ツール。実はこのツールを利用するには、本来ならライセンスを購入しなければならないのだが、20キーワードまでの検索順位のチェックなら無料で利用することができる。

まずは無料で利用して、このツールの有効性を理解した上で、どうしてもキーワードを追加したいということであれば、上位のライセンスを購入していこう。

GRCではGoogle、Yahoo、Bingの主要検索エンジンの検索順位を調査することが可能で、最初に調査するサイトやキーワードを設定しておけば、ワンクリックで検索が開始されるため、非常に使い勝手がよい。

 

使い方

まずは公式サイトからソフトをダウンロードし、インストールする。

 

image4

ツールバーから[編集]-[項目新規追加]をクリックする。

 

image5

すると上図の画面が表示されるので、各箇所を入力していく。

  • サイト名: ツールを利用する人がサイトを識別するための名前を入力する(どんな名称でも検索には影響しない)
  • サイトURL: 検索順位を調査したいサイトURLを入力
  • 検索語: 検索順位を確認したいキーワードを入力

すべて入力したら、「OK」ボタンをクリック。

 

image6

画面上で検索キーワードやサイトがセットされたことを確認できる。検索キーワードを追加したい場合は、先程と同じように[編集]-[項目新規追加]からキーワードを追加していく。

 

image7

検索順位を確認するには、左上の紫の「GRC」と書いてあるアイコンをクリックすることで、セットしたキーワードでの検索順位のチェックが始まる。すべて自動で進むので、あとはチェックが終わるのをただ待つだけだ。

 

GRCの優れている部分

GRCは本当に良質なツールだと思う。チェックスピードも速く、毎日の定例業務だとしてもストレスを感じることなく調査が可能になる。

そして過去の調査結果を保存しておくことができるので、検索順位の推移を確認するのも容易になる。日々変動が発生する検索順位だからこそ、こうした履歴を確認できる機能はウェブ管理者にとって助かる。

さらにその履歴は下図のように折れ線グラフでも確認できるようになっている。直感的に検索順位の推移が分かるため、SEO対策の結果確認も一目瞭然。

image8

 

おわりに 検索順位もこまめにチェック

検索エンジンによる優位性を把握しておくためにも、検索順位はこまめにチェックするとよいだろう。どんどん新しいECサイトが誕生していく中で、現在は検索上位を確保していたとしても、いつまでもその状況が続くとは限らない。

そして検索順位の変動に気付かなければ、みすみす他の店舗にお客様を取られてしまう。だからこそ検索順位が落ちてきたら、他のサイトをチェックし、自サイトに何が足りないのかを分析し、こまめにSEO対策を行っていく姿勢が大切だ。

ネットショップのSEO対策については「ネットショップのSEO対策で検索順位の上位表示を狙う方法」の記事を確認してほしい。

↑↑当記事が役になったならシェアしてもらえると嬉しいです!↑↑

 


【記事を書いている人】

profile4

鍵谷 隆 -KAGIYA TAKASHI-

国内向け通販事業、海外向け越境ECを経験して培った知識を活かし、ネットショップ事業者向けに売上げを伸ばすための提案を行っている。特に好きなのは、伸びしろのあるECサイトの販売戦略を考えていくこと。

当ECメディアに掲載している数々の記事が、全国のショップオーナー様のためになれば幸いです。大切にしていることは「売れないショップはない」です。

 

ネットショップのメディア化対応やってる?

ネットショップの開業や集客・売上げ増にお悩みでは?
新規参入企業の増加やリスティング広告の高騰で、集客しづらくなっていますよね。

ECサイトのメディア化対応していますか?
メディア化対応することで、集客とリピーターの問題は解決!

もしメディア化対応をしていなければ、売上げの多くをロスしているかも…
詳細については下記のボタンよりご覧ください!

メディア化対応について知る