名古屋のコンテンツマーケティング支援企業

名古屋のコンテンツマーケティング支援を提供している企業


テレアポや飛び込み営業のようなアウトバウンドの営業スタイルではなく、オウンドメディアやソーシャルメディアを軸として質の高いクライアントを獲得する、インバウンドの営業スタイルを重視する企業が増えてきた。

そしてインバウンドで顧客を獲得する手法として、コンテンツマーケティングと呼ばれるテクニックを用いることが多い。コンテンツマーケティングとは、顧客が求めるであろうコンテンツを公開し、顧客との接触頻度を高くしながら、いつかは商品やサービス購入といった流れに引き込んでいくスタイルのマーケティング手法。

アメリカでは既に当たり前のように普及しているコンテンツマーケティング。日本でも近年になってウェブ制作会社を中心にコンテンツマーケティングを取り入れることが多くなってきた。そして名古屋でも徐々に普及し始めている。今回は名古屋市、または近郊都市を拠点とする企業で、コンテンツマーケティングを始めたいけど、どうしてよいのか分からないという方のために、コンテンツマーケティング支援事業をしている企業を紹介していく。

 

名古屋のコンテンツマーケティング支援企業

名古屋のコンテンツマーケティング支援企業

riverch [リバーチ]

もともとSEOコンサルタントだった方が代表を務める、コンテンツマーケティング支援事業のriverch。”コンテンツマーケティング”と”SEO”というキーワードは非常に関連性が深いため、SEO的な観点からもコンテンツマーケティングに取り組んでいけることは心強い。

そしてなにより「正攻法に特化したSEO」を考えていることが素晴らしい。数あるSEO業者の中には、いまだにブラックな外部対策で検索順位を押し上げようとする事業者もいるが、いずれはそのような小手先のテクニックは通用しなくなる。やはり質の高いコンテンツを用意してマーケティングしていくことが、SEO的な面でも強力な対策となる。

riverchでは代表の方が起業前から立ち上げていた「SEO SCENE」といったブログを運営している。やはりコンサルタントを行うからには、企業としてのノウハウをアウトプットしている企業は信頼がおける。その他にもポップカルチャーについてのメディアサイトの運営なども行っており、オウンドメディアの運営についても幅広く対応できそうだ。

riverchの公式サイトはこちら

 

中小企業経営者のためのコンテンツマーケティング塾

次は企業ではなく、個人でコンテンツマーケティング支援事業をされている方の紹介になってしまうが、中小企業経営者のためのコンテンツマーケティング塾というブログサイトを運営している山本真一さん。

ホームページ内のブログ改善によって、名古屋駅にあるコワーキングスペースの来場者数を増やしたり、サイトリニューアルをすることなく企業の問い合わせ件数を増やした成功事例などが掲載さ入れている。

名古屋や岐阜を拠点として、企業のコンテンツマーケティング支援をしているようである。ただし残念ながらブログ自体は2015年で更新がストップしている模様。

中小企業経営者のためのコンテンツマーケティング塾の公式サイトはコチラ

 

MEGA-East

本来はもっと多くの企業を紹介しようと思ったのだが、マーケティングという面では遅れを取る名古屋では、ウェブ制作を提供している会社は多くても、コンテンツマーケティング支援を事業としている会社は少なかった。そのため最後は宣伝になってしまうが、弊社について紹介させてほしい。

弊社は主にEC事業者向けのサービスを展開しているのだが、そのメイン事業はコンテンツマーケティングを中心としたメディア化対応である。もちろん一般企業に対しても、コンテンツマーケティングを利用した集客やウェブ改善を提案している。

コンテンツマーケティングに必要となるのは、更新型のウェブシステム。更新型ウェブシステムはCMS(コンテンツマネージメントシステム)とも呼ばれ、wordpress(ワードプレス)というシステムを利用するのが一般的。コーポレートサイトをオウンドメディア化するなら、現在ホームページのファイルを格納しているサーバーに、wordpressを導入してあげることで、メディア化対応が可能になる。

あとはどのようなコンテンツを発信していくかを、ターゲットとなる顧客層や商品群、目標などの要素から決めていき、企業のコンテンツマーケティングを推進するサポートを行っている。

サービス詳細については「コンテンツマーケティング支援」を確認してほしい。教科書ノウハウのようなパッケージでの販売ではなく、お客様の実現したいことやスキルレベルに合わせながら、サポートプランを組み立てていくオーダーメイド方式を採用している。

 

弊社の考えるコンテンツマーケティング

弊社の考えるコンテンツマーケティング

最後にまたまた宣伝のようになってしまうが、大事なことなので聞いてほしい。最近は名古屋・東海地方でもコンテンツマーケティングを始めたいという事業者の声を聞く機会が増えてきたが、コンテンツマーケティングの本質を勘違いしている事業者が多いことも事実である。

中にはコンテンツマーケティングとは「ブログを書いてホームページのアクセスを増やすこと」という認識をしている方がおられるが、そのような考えで進めてしまうと、結局のところ、かつての「美味しいラーメン食べました」のような、誰のためかも分からない目的のないスタッフブログになってしまう可能性が高くなる。

コンテンツマーケティングとは「ユーザーにとって価値あるコンテンツを用意し、密に接点を保ち、商品やサービスをお買い上げいただいて、売上げにつなげること」が本質である。

目的はアクセスアップではなく、売上げアップなのである。ただし単純な商品・サービス購入のためだけでなく、企業のブランディングや認知度向上のためにコンテンツマーケティングを取り入れることもあるが、営利企業である以上、最終的には全て売上げのための施策であることに変わりはない。

しかしそうした意識を持っているつもりでも、いつの間にかブレてしまうことはよくある話。そうならないためには何よりも計画が重要であると弊社では考えている。コンテンツマーケティングはその時その時で思いついたものを記事に起こせばよいわけではなく、プロジェクト開始当初に決めた計画・プラン通りにコンテンツ作成を遂行していく。そして月次で成果の見直しをかけながら、微調整をしていく。

これほどまでに緻密に計画立てて行わないと、なかなかコンテンツマーケティングは成功しないものである。

 

おわりに コンテンツマーケティングは方向性を間違えてはいけない

はっきり言ってコンテンツマーケティングは誰でも実施できるものであるが、その方向性を間違えてしまうと、それは”コンテンツマーケティングらしきもの”であり、いつまで継続しても売上げには結びついてはくれない。

そして厄介なことに、コンテンツマーケティングは一定の成果を出すまでに非常に時間を要する手法である。そのためプロジェクトを開始してから、1年後にやっと間違いに気づきましたということも珍しくない。その期間の人的コストやプロジェクトマネージメント予算などが無駄になってしまう。

事業の一環として行うものだからこそ、予算は無駄にしたくない。コンテンツマネージメントを本気で取り組んでいきたいのなら、専門のコンサルの力を借りるのも一つの手かもしれない。

↑↑当記事が役になったならシェアしてもらえると嬉しいです!↑↑

 


【記事を書いている人】

profile4

鍵谷 隆 -KAGIYA TAKASHI-

国内向け通販事業、海外向け越境ECを経験して培った知識を活かし、ネットショップ事業者向けに売上げを伸ばすための提案を行っている。特に好きなのは、伸びしろのあるECサイトの販売戦略を考えていくこと。

当ECメディアに掲載している数々の記事が、全国のショップオーナー様のためになれば幸いです。大切にしていることは「売れないショップはない」です。

 

ネットショップのメディア化対応やってる?

ネットショップの開業や集客・売上げ増にお悩みでは?
新規参入企業の増加やリスティング広告の高騰で、集客しづらくなっていますよね。

ECサイトのメディア化対応していますか?
メディア化対応することで、集客とリピーターの問題は解決!

もしメディア化対応をしていなければ、売上げの多くをロスしているかも…
詳細については下記のボタンよりご覧ください!

メディア化対応について知る