image1

スマートフォンで商品写真を美しく撮影する8つのポイント


携帯電話にカメラ機能が設置されてから幾久しく、スマートフォン付属のカメラは年々性能も良くなり、デジカメの売れ行きが悪くなるほど高品質になってきた。

しかし弊社としてはいくらスマートフォンの性能が高くなってきたとは言え、まだまだ機能面ではデジカメや一眼レフには劣るため、ネットショップの商品撮影にはスマートフォンカメラは推奨していない。

だがどうしてもスマートフォンで撮影したいという方のために、スマホカメラで美しい商品写真を撮影するためのポイントについてご説明していく。

 

事前準備

image2

レンズの汚れはしっかりと拭いてから撮影

まずスマートフォンのカメラレンズは汚れていることを理解してほしい。チリやホコリだけでなく、人の手の油が付いていることが多い。そんな状態で商品撮影を行ってしまえば、油汚れのせいでぼんやりと白っぽくなってしまい、せっかくの商品も汚らしい感じに写ってしまう。

これではお客様の購入欲求も半減してしまう。

撮影前には必ずレンズの汚れを磨いておきたい。レンズを傷付けることがないよう、メガネ拭きのような繊維の細いクロスを使って、ササッときれいにしておこう。

 

細かい傷は歯磨き粉できれいに

拭いて落ちる汚れならよいのだが、日常で使用するスマホだけに、レンズの表面に細かい傷が付いていることもある。こうしたケースは厄介だ。

細かい傷の対策については、一部の報告では歯磨き粉で磨くことで修復できるとも言われている。歯磨き粉の中には研磨剤が含まれているため、レンズの表面に歯磨き粉を付けてこすることで、表面が研磨されて細かい傷が目立たなくなる仕組み。ごしごしこすっては余計に傷がつくので、優しくこするようにしてほしい。

ただしどこのスマホメーカーもこのような対応は推奨していないので、心配であれば正規の窓口で修復してもらおう。

 

必要機材はそろっているか

スマートフォンだけあれば撮影はできてしまうが、他の機材も活用することで、より魅力的な写真に仕上がる。たとえスマホでの商品撮影であっても、お客様はその写真を見て購入を決めるわけだから、手を抜いてはいけない。

レフ版や三脚など用意しておくべきものは「ネットショップの商品を美しく撮影するために必要な機材」の記事を参考にしてほしい。

 

スマホなら外付けカメラも要検討

冒頭でも説明したが、スマートフォン標準のレンズは、デジカメと比較するとどうしても性能が劣ってしまう。そこを解消するためには、外付けのカメラ(レンズ)を利用する手がある。

スマホならではの利便性を保ったまま、質の高い画像にするにはぴったりのアイテム。スマホを使っての商品撮影を行いたいなら、是非一度検討してほしい。

 

撮影のコツ

image3

スマートフォンは固定する

携帯に便利なスマートフォンだが、必ず固定した状態で撮影に挑もう。いくら手ぶれ補正機能が付いているとは言え、やはり固定した方がピントも合わせやすく、きれいに撮影できる。

三脚やホルダーなどは必須アイテムだと思ってもらいたい。

 

一定位置からの撮影が可能

毎回撮影する位置を変えてしまうと、それぞれの商品写真で商品との距離感がバラバラになってしまうため、お客様も困惑してしまう。三脚を利用することは、商品の撮影位置をピンポイントで決めておくことにも有効だ。

 

フラッシュは使わない

商品撮影で光量が十分にとれていることは、商品写真が美しくなるかどうかの重要なポイントとなる。
スマートフォンにはフラッシュ機能が付いているため、少々暗めの場所でもフラッシュをたけば解決すると考えるかもしれないが、フラッシュの光は不自然な感じを与えてしまうのでおすすめはしない。

太陽の光を利用したり照明器具を利用することで、より魅力的な写真に仕上がる。

 

ズームはしない

とても便利なズーム機能。ちょっと離れた場所にある対象も、ズーム機能を使えば目の前にいるように撮影できる。商品撮影の場合なら柄や仕様などの細かいディテールをお伝えするときにズームして撮影する人がいるが、ちょっと待ってほしい…ズームではなくカメラを近づけて撮影すれば済む話ではないだろうか。

ズームの仕組みは内部でトリミングして引き延ばしているだけなので、ズームすればするほど画質は悪くなる。面倒くさがらずに、しっかりとカメラのポイントをずらしながら撮影してほしい。

 

魅力的に見える構図を意識する

これは初心者に多く見られる傾向だが、全ての商品をカットの中央に据えて撮影するだけでは面白みのないショップになってしまう。商品の魅力を最大限発揮できる構図を意識して撮影してほしい。

商品撮影の構図については「ネットショップの商品写真を魅力的に見せるアングルや構図」を参考にしてもらうと、見た目にも美しい写真になることだろう。

もしお手持ちのスマホカメラにグリッドを表示する機能が付いているなら、構図を考えやすくなるので是非使ってほしい。

 

撮影後の処理

image4

大画面で確認

スマホでの撮影が終わったら、PCに画像を移して一枚一枚写真をチェックしていこう。スマホの小さい画面では気づかなかったが、PCの大きいモニタで確認すると、思いもよらぬものが写っていることもある。

そうした場合は撮り直しをするか「商品写真の加工に使える無料画像加工ソフト7選」でご紹介しているようなフリーソフトを利用して画像加工を行おう。

 

スマホアプリを利用する

いかにもスマホならではのポイントだが、画像を加工できるアプリを利用するのもよいだろう。一眼レフのような仕上がりに加工できたり、色彩調整など、実にさまざまな機能をもったアプリが存在する。

画像加工できるアプリの一覧は下記のページで確認してほしい。
※Android対応アプリ
写真加工・画像編集:Androidアプリおすすめランキング 2015

 

おわりに スマートフォン撮影でも手間を惜しまない

便利なスマートフォンを使った商品撮影でも、手間を惜しんではいけない。パパッと撮影した商品写真では、商品の外観を伝えることはできても、その魅力までお伝えすることはできない。

ビジネスとしてネット通販に取り組むなら、事前準備から構図の調整や撮影後の加工まで、手を抜くことなく商品撮影を行おう。

↑↑当記事が役になったならシェアしてもらえると嬉しいです!↑↑

 


【記事を書いている人】

profile4

鍵谷 隆 -KAGIYA TAKASHI-

国内向け通販事業、海外向け越境ECを経験して培った知識を活かし、ネットショップ事業者向けに売上げを伸ばすための提案を行っている。特に好きなのは、伸びしろのあるECサイトの販売戦略を考えていくこと。

当ECメディアに掲載している数々の記事が、全国のショップオーナー様のためになれば幸いです。大切にしていることは「売れないショップはない」です。

 

ネットショップのメディア化対応やってる?

ネットショップの開業や集客・売上げ増にお悩みでは?
新規参入企業の増加やリスティング広告の高騰で、集客しづらくなっていますよね。

ECサイトのメディア化対応していますか?
メディア化対応することで、集客とリピーターの問題は解決!

もしメディア化対応をしていなければ、売上げの多くをロスしているかも…
詳細については下記のボタンよりご覧ください!

メディア化対応について知る