image1

楽天やヤフーショッピングなどのモール系ショップもメディア化対策を進めよう


ネットショップを立ち上げる際に、まず考えるのが独自ドメインのショップを運用していくか? それとも楽天やヤフーショッピングなどのモール系に出店するか? という問題ではないでしょうか。

独自ショップであればロイヤリティなども発生しませんが、SEO対策であったりシステムの構築だったりと、結構大変なことも多いですよね。そうした苦労も方向性を間違えてしまうと、せっかくの努力も水の泡…ということにもなりかねません。

特にインターネットなどに詳しくない場合は、楽天などのモール系に出店することの方が多いのではないでしょうか。SEO対策もすでに施されていますし、楽天やヤフーショッピングであれば集客力も抜群に高いですから。
それにショップとしての信用度でも、独自ドメインの店とは全く違います。

でも、最近売れなくなってきたなぁ…と感じてはいませんでしょうか? 楽天の知名度は非常に高く利用者も多いのですが、出店する企業も増えてきていますので、供給が若干過多になりつつあることも事実です。

それならばモール内で広告を出稿しますか? Googleやyahooでリスティング広告を出稿しますか? これら広告の類は運用さえ間違えなければ、確実に効果はあるものです。だってわざわざお金を払っているんですから。

でも広告費をかけたくないという方は、楽天ショップやヤフーショッピングへお客様を誘導する、外部メディアをもつという方法もあるんです。

 

モール系ショップでもメディア化は非常に有効

先程も申しましたが、楽天やヤフーショッピングなどは「集客」という面において非常に優れています。実店舗の経営においても、名もなき個人商店よりも、イオンモールやララポートなどの大型ショッピングモールに出店するほうが、圧倒的に多くのお客様にお越しいただけますよね。

ですがモール系に出店するということは、集客に限界があることも事実です。基本はモールまかせという部分が大きいので、もっと大多数の集客を望むのであれば、楽天やヤフーといったベンダーに「もっと頑張ってよ!」とげきを飛ばすしかありません。

あとは楽天やヤフーの努力次第ではありますが、集客の全てを外部任せにするのではなく、自分たちで集客できる仕組みを構築する、という考え方も捨ててはいけません。

モールの集客力を1とするならば、自分たちであと0.5の集客力を付けて、1.5の集客力のあるショップにするのです。そうすればモール系が元から持っている集客力を活かしながら、さらにお客様を呼び込むことができる。

そして自分たちで集客を担う手段としては、外部メディアを持つということが有効なのです。

 

外部メディアとは

image2

「メディア」と大げさに言っていますが、自分たちで運営する情報発信サイトのことです。

例えば豚肉をネット販売している事業者の方であれば、その豚がどんな場所で育てられているかや、どういった餌を与えられているかなど、商品からはなかなか伝わりにくい情報を記事にして、メディア運用していくのです。

他にも豚肉を食べるときに、調理方法のアドバイスや、付け合わせとしておすすめの薬味の情報など、とにかく商品にまつわる話であれば大丈夫。ショップ運営者としては何気ない情報でも、それを面白いと思ってメディアのファンになってくれる方は必ず現れます。

そうしてメディアを気に入ってもらったファンが、やがて御社のショップで商品を購入するお客様となっていただくのです。

 

分離型メディアとモールは相性がいい

image3

EC業界で現在しきりに叫ばれている「ECサイトのメディア化」という言葉。
これには「一体型」と「分離型」の二種類がございます。

それぞれどう違うかというと、一体型は一つのドメインの中にショップの機能と読み物コンテンツが混在しているタイプ。分離型とはショップのドメインと、読み物としてのメディアのドメインが分かれているタイプ。

集客の面から見ればどちらも効果は同じです。一体型だろうと分離型だろうと、結局は読み物中心のメディアから商品ページへお客様を流していくわけですから一緒です。

ですが、自身のECサイトをメディア化しようと思った際には、分離型がおすすめです。もしメディア運用を途中で放棄しても、本体であるショップドメインには一切傷が付きませんから。

それに楽天などのショッピングモールでは、ショップ内をコンテンツ重視のサイトに書き換えてしまうなんてことできませんよね。だからモール系に出店している事業者様にとっても、分離型の外部メディアを持つというのは非常に相性が良いのです。詳細は「弊社がECサイトとメディアサイトの分離を提案するわけ」にも書いていますので、参考にしてください。

 

おわりに

楽天やヤフーショッピングといったモールに出店しているという事業者の皆さま。ショップへの集客という面では、まだまだ可能性はあります。 自分たちで集客のためのメディア運用をすることで、お客様の数を10倍、100倍とすることも夢ではありません。

メディア運用については、「ECサイト(ネットショップ)がメディア化を進める6つの理由」の記事を参考に。
あとは努力次第です。他店舗よりもいち早くメディア化を進めることで、より繁盛するお店を目指しましょう!

 

↑↑当記事が役になったならシェアしてもらえると嬉しいです!↑↑

 


【記事を書いている人】

profile4

鍵谷 隆 -KAGIYA TAKASHI-

国内向け通販事業、海外向け越境ECを経験して培った知識を活かし、ネットショップ事業者向けに売上げを伸ばすための提案を行っている。特に好きなのは、伸びしろのあるECサイトの販売戦略を考えていくこと。

当ECメディアに掲載している数々の記事が、全国のショップオーナー様のためになれば幸いです。大切にしていることは「売れないショップはない」です。

 

ネットショップのメディア化対応やってる?

ネットショップの開業や集客・売上げ増にお悩みでは?
新規参入企業の増加やリスティング広告の高騰で、集客しづらくなっていますよね。

ECサイトのメディア化対応していますか?
メディア化対応することで、集客とリピーターの問題は解決!

もしメディア化対応をしていなければ、売上げの多くをロスしているかも…
詳細については下記のボタンよりご覧ください!

メディア化対応について知る